taiwan_top2

台湾観光は近年台湾への理解が進んだことによって、よりいっそう熱気を帯びてきています。

 

それでも、台湾と中国の違いについてまだまだ理解されている人は少なく、日本のメディアでも違いを徹底的に説明しようとはしません

 

政治的には中国の1つとして考える向きもあるようですが、ここでは【台湾】という1つの国としてご紹介していきます。

 

【台湾にゅーす】はより台湾を楽しんでもらうために、台湾に関する知識や情報を独自の視点と切り口にてご提供するのです。

 

スポンサーリンク


台湾は観光やおすすめスポットだけではハマれない!

台湾に初めて旅行に行くと、多くの方が親日とか食べ物の美味しさなどから台湾の楽しさを認識します。

 

しかし、これを目的に何度も台湾に足を運んでいきますと、やはりどうしてもおすすめスポットだけでは飽きが来てしまうでしょう。

 

これはどこの観光地に行っても同じことが言えますが、台湾に関しても例外ではありません。

 

やはり、多くの台湾にハマった方の傾向を見てみると、台湾の雰囲気そのものに取りつかれた方がほとんどです。

 

日本人が台湾の良さにハマる基本的なバックグラウンドはいったい何でしょうか?

台湾人の気質や対外的な柔軟性が魅力的!

その大きなものの1つに、台湾人が持つおおらかな気質対外的な柔軟性があるでしょう。

 

台湾人は日本だけでなく、いろんな外国の文化を受け入れる懐の深さを持っています。

 

これが、日本人が台湾に行ったときに感じる心地良さに大きく繋がっているのです。

 

歴史的に日本語を使える方も多く、若い世代でも日本語を勉強する方も多いので日本人にとってはとりわけ行きやすい海外とも言えるでしょう。

日本と違ったとりあえず前向きな社会性も良い

また、台湾社会全体が日本よりもポジティブな性質を持ち、台湾人自身も前向きなので毎日を明るく過ごすことをポリシーにしています。

 

日本人は、どちらかというと勤勉ではあっても全体的に前向きとは言い切れない民族です。

 

台湾に観光に行った際に見ることができる台湾人のそのような姿は、特に日本人に対して非常にエネルギッシュなものを感じさせてくれるでしょう。

 

実際このような明るい雰囲気を台湾滞在中に肌で感じて、台湾に留学などの長期滞在を開始する日本人の方も少なくありません。

 

スポンサーリンク


台湾を心から楽しむための基本的や方法

さて、台湾に観光で何度か行ったという方は、そろそろ自分独自の台湾における楽しみ方を模索しているのではないでしょうか?

 

このような場合、先述のように台湾訪問を繰り返せば新鮮味がなくなります。

 

しかし、せっかくの台湾ですので行くたびに新たな発見をしたいと感じるのはごく普通の流れです。

 

ここでは、日本人が台湾を心から楽しむためには基本的にどのような方法があるのか見ていきます。

台湾人になった気になって台湾に行ってみる

日本人は外国に行くときには、外国人だとバリバリわかるような雰囲気で行きます。

 

いつまでも、現地にて日本人同士で引っ付いて行くようなガチガチのツアーに没頭していると非常に味気なさを感じるようにもなるでしょう。

 

せっかく台湾に行くのであれば、台湾人の気持ちになって現地に行ってみるのも楽しみ方の1つです。

 

例えば中国語を片言で話したり日本人の行かないようなお店に行くように計画したりすることも良いでしょう。

 

初めての海外旅行が台湾の方は不安に感じるでしょうが、台湾は日本人女性が1人でも行けるくらい安全ですので初めての海外でない場合はトライしてみてください。

台湾人の生活パターンにて」現地で過ごしてみる

台湾に行くと日本語が通じるお店がかなりたくさんありますので、日本人の旅行者にとっては非常に便利です。

 

しかし、そのような日本と変わらない生活は刺激を感じない方も多く、この場合は現地人の生活パターンに合わせて現地で過ごしてみることも楽しみの1つと言えます。

 

例えば、台湾人が普段朝食を買うところで同じものを買って食べてみるとか、夜ご飯もレストランではなくてどこかの小さなお店や屋台でテイクアウトして食べるとか現地人の食生活をそのまま体験するなどです。

 

一般的に、どの国も現地人の消費パターンは日常的にそれほどお金を使いません

 

それでも、外国人がこれを当たり前に経験することは、台湾で過ごすバリエーションもよりいっそう充実するでしょう。

taiwan_top3

台湾にリピートで行く方の大きな特徴と共通点

台湾にリピートで遊びに行く方は現在非常に多く、1人でも週末にちょっと遊びに行く方も珍しくありません。

 

ここで非常に知りたいのは、台湾にリピートで行く方の特徴や共通点になるでしょう。

 

どのような方がリピートしやすい傾向にあるのがチェックしてみます。

台湾に現地の友達や知り合いが存在している

一般的に台湾リピーターとなる人は、台湾人の友達や知り合いを持っていることが非常に多くなります。

 

台湾人であれば普段自分が行く場所へ連れて行ってくれますし、観光マップには載っていないスポットも発見しやすくなるでしょう。

 

よって、このような現地人との交流が成功することで、長期間に渡って台湾を楽しむことがスムーズにできるようになるのです。

 

つまり、初めての台湾旅行プランを立てる場合は、まずネットで現地の友達を探すことが非常に重要となってきます。

中国語に対して一定レベルの興味を持っている

また、多くの台湾リピーターに共通して言えることは、中国語をある程度話せる一定レベルの興味を持ち合わせていることです。

 

人間同士の交流はやはり言葉がメインになり、ネットにおける台湾人との交流も中国語は多かれ少なかれ必須でしょう。

 

日本語だけでも会話は可能な場合が多くても、台湾人のほうにより近づきたいのであれば中国語をある程度に理解することが最も良い方法になります。

 

この点は、遅かれ早かれ多くの台湾リピーターが通る道であり、これを達成できた方は逸早く台湾を深く理解できるようになるのは間違いありません。

 

スポンサーリンク


まとめ

【台湾にゅーす】では台湾をより深く理解するために、中国語がある程度理解することについては積極的に推奨しています。

 

しかし、同時に中国語ができなくても台湾により深く興味を持ちたくなるような情報をお届けしているのです。

 

もちろん、中国語に関する情報も定期的に入れていきますので、台湾にこれから興味を持とうとする方はどうぞ末永くお付き合いください。

 

スポンサーリンク