女の子が大人の女性のルックスへと変わるのを見るとドキドキするものですが、高校を卒業して大学からモデル活動をされる方などは特にそれが顕著です。

 

台湾の女性もそれは同じで、学生時代から一気にキレイになったというべっぴんさんは少なくないでしょう。

 

本日ご紹介する台湾美人は【安安】という名のモデルさんですが、女性としての魅力がここ最近グッとアップされた方になります。

 

こういうのも台湾では女子力がアップしたって形容するのでしょうか?彼女について、早速見ていきましょうね。

スポンサーリンク

まだあどけなさの残る彼女はショーモデルを多く担当

2017年に大学を卒業したばかりの彼女。もともと童顔タイプなこともあって、現在はあどけない表情でショーモデルをメインに活躍されています。

 

身長に関してはそれほど高くはないようですが、かなりスリムでフェミニンな雰囲気こそが彼女のモデルとしての基本的な魅力なのです。

 

有名ブランドのイベントにおけるショーモデルとしてお呼びがかかることも多く、モデルとしての信頼は高いのではないでしょうか?

大人っぽいコスチュームでも初々しい雰囲気も魅力

コスチュームが大人っぽい雰囲気のものであっても、彼女が着るとまだ初々しく見えるのも良い感じ。

 

彼女自身の性格も関係しているのか、無理に大人びようとしていないのが雰囲気にも確実に現れているのです。

 

彼女のファンも彼女の写真のようなしぐさを期待している感もあり、それが彼女からナチュラルに出てくるので男性陣のフォローもかなり多くなっているでしょう。

 

また、彼女は1か月の活動スケジュールをフェイスブックで毎月公開しており、ファンに対して律義な一面も見せてくれています。

ヒールによって脚がかなり長く見えるのもまたグッド

彼女がショーモデルとして有利なのは、それほど高くない身長をカバーできる脚のバランスの良さです。

 

ヒールを履くと脚がかなり長く見えるのもモデルとして良い傾向であり、この点は彼女自身も意外に認識していないメリットかもしれません。

 

女性によってはヒールの高さに無理が見えることもありますが、彼女は至って自然に履きこなしているのがやはり素晴らしいでしょう。

 

さらに、男性視点から見ても彼女は脚の見せ方にかなりこだわっていると容易に分析できます。

スポンサーリンク

撮影会などではイベントとは違った雰囲気を見せる?

ショーモデルとしての彼女はさておき、実は撮影会や雑誌の撮影などでも彼女は活躍しています。

 

撮影会の彼女はショーモデルのイメージは影を潜め、どちらかというと彼女の素に近い写真が多くなっているでしょう。

 

しかし、コアなファンになるとイベントを離れた雰囲気の彼女が好きという方も台湾には多いようで、彼女もそれを理解されているのです。

少女っぽさは彼女のイメージにおける最大の持ち味

実際、街角での何気ない風景の中のスナップは彼女の少女っぽさを巧みに引き出しており、この彼女独特の持ち味が余すところなく生かされています。

 

年齢的なものもあるでしょうが彼女はミニスカートがとても似合っていて、女性は年齢と共に似合わなくなるものですが、彼女の場合はおそらくいくつになっても違和感なく履き続けられるはずです。

 

台湾のモデルさんは意外と年齢が高くなってもイベントなどでミニスカートにチャレンジされる方も多く、それも決して悪くはないという雰囲気も業界内にはありますのでこの点は彼女に有利かもしれません。

2017年に大学卒業した彼女の雰囲気が劇的に変化

ここ半年における彼女を見てみると、少女っぽさが抜けて大人っぽい表情を自然に見せるようになっています。

 

大学を卒業してからの劇的な変化とも言うべきで、実のところ彼女はヘアスタイルを短くしたほうが大人の女性に見えるのです。

 

また、彼女のスタイルもこの半年で一気にスリムになっており、モデルとしての雰囲気が総合的に変わったのでしょう。

 

それだけ、彼女にとって心境が急激に変化したと共に、業界での仕事がとても充実した1年であったと推測できます。
スポンサーリンク


彼女は大学時代から海外への興味もかなり大きい?

彼女は大学時代から積極的に海外に渡航しており、もともと海外へ興味を少なからず抱いていたことが理解できます。

 

彼女にとって旅行は観光をするという側面は少ないようで、現地における人的な交流が大きな目的となっているでしょう。

 

特に団体での渡航を好んで進めてきたようで、大学時代の仲間と一緒に幾度か海外旅行の経験を持っているのです。

モンゴルや中国大陸へも同級生と一緒に渡航済み!

大学時代の海外渡航を同級生と一緒に進めた経験の中で、彼女にとって特に印象深いのがモンゴルと中国大陸になるでしょう。

 

モンゴルは中国人にとってはメジャーな海外旅行先ですが、台湾人にとってはそれほどメジャーではありません

 

冒険心のある仲間に恵まれた彼女は、写真のようにモンゴルの草原にて大いに現地生活を楽しんだのです。

 

また、大学の仲間とモンゴルから中国にも入国し現地の中学校を訪れた経験もあり、子供たちとも触れ合った経験も持っています。

中国大陸は仕事でも重慶に滞在した経験もある!

さらに、中国への渡航は大学時代以外にも卒業してからの業界の仕事でも経験があるようで、今年仕事と遊びを兼ねて四川省の重慶にも訪れています。

 

どうやら彼女は、中国大陸とはモデル関係の仕事でも縁があるようで、彼女は将来的に素晴らしいキャリアを積むかもしれませんね

 

こういう風にすんなり海外の仕事が得られるのも、彼女が積極的に海外渡航を進めてきたことも大きく影響しているでしょう。

スポンサーリンク