本日も前途有望な台湾美人をご紹介します。本日ご紹介するのは【朵朵】という名の女性です。

 

フェミニンな雰囲気で業界美人としてはとても質が高そうですが、ルックス的には典型的な台湾美人と言えるでしょう。

 

彼女は司会業に従事していることを公言しており、将来的にもこの仕事で活躍していく意欲が感じられます。

 

非常に華のあるべっぴんさんですが、今回は彼女の素顔や性格などについてもチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

フェミニンな雰囲気の彼女は比較的小柄な台湾美人

【朵朵】は身長157センチと比較的小柄で、しかしそれが男性にも女性にも人気の理由となっています。

 

司会業において身長の高い女性は多いものですが、彼女の場合は低いのが仕事上においてもむしろ有利に働いているのです。

 

現在フェイスブックでも彼女自身にてマーケティングを進めていますが、彼女のフェミニンなキャラクターを生かした作りは見事で本人もそれを自覚しているに違いありません。

本業は司会業でゲーム業界のネット番組も担当する

さて、彼女の司会業としての仕事ですが、ゲーム関連の番組の司会を担当しております。

 

そのタイトルも【Fami通】。これってどこかで聞いたようなタイトルですが、日本の有名なゲーム情報サイト【ファミ通】から正式に権利を得て制作されている台湾版なのです。

 

日本の本家であるファミ通が現在ネットでの情報サイト運営であるのに対し、台湾のFami通になると【ゲーム姫】という女性たちを登場させて番組を盛り立てています。

 

彼女はそのゲーム姫の一人として出演しており、かつて彼女は子供番組にも出演したこともあって、視聴者である子供たちからもかなりの人気を誇るのです。

Garyという名前の飼い犬をとてもよく可愛がっている

若い女子も日本でも最近は猫好きの方が多くなっている状況のようですが、彼女はむしろ犬好きのようですね。

 

実は彼女【Gary】という名の付いた犬を飼っていまして、これはパグ犬でしょうか?貫録のある感じが印象的でしょう。

 

それに毛並みも良さそうで、普段から彼女に大切にされているのがハッキリと分かりますね。彼女の顔も猫よりも犬っぽい顔つきですし、Garyとの相性がとても良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ゲーム姫としての具体的な活動は何をするの?

他のゲーム姫と対決するのが一般的な流れ

彼女の【ゲーム姫】としての仕事は、基本的にゲーム紹介の一環で他のゲーム姫とゲームで対戦するなどの役を担います。

 

新作ゲームのマーケティングを行っているのであり、彼女自身もゲームがかなり好きなようでかなりの叫び声を上げているのが印象的です。

 

Fami通(台灣)とフェイスブックで検索すれば公式のページが見当たりますので、彼女たちの対戦が定期的にライブで見られます

ネット上で自分のファンに手製クッキーをプレゼント

また、彼女が作ったお菓子などは定期的に彼女の【Fami通】ファンにもプレゼントされているようで、このことも彼女がお菓子作りに力を入れる大きな要因となっています。

 

もちろん、これらは彼女のハンドメイドですので、彼女のファン(特に男性)からすればかなり嬉しいのではないでしょうか?

 

ファン宛のお菓子のプレゼントに関して、フェイスブック上における公開オンライン放送にて抽選活動を行ったこともあるようです。
スポンサーリンク


べっぴんルックスを維持できる趣味やストレス解消法

イベントなどの司会業でも活躍している彼女。しかし、さまざまな環境下での仕事はプレッシャーも大きいのは当然で、彼女のべっぴんルックスを維持して行くのは決して容易いことではありません。

 

気になるのは彼女がどのような方法でストレスなどを解消しているのか、趣味などを含めてチェックしてみましょう。

お菓子を自分で作るなどハンドメイドがとても大好き

彼女はお菓子などをハンドメイドで作るのを得意としているようで、フェイスブックでも傑作を出すたびに紹介しています。

 

驚きなのは彼女のハンドメイドお菓子がすでに趣味を通り越して、本格的なレベルにまで達していることです。

 

また、彼女はYouTubeでも作り方などを公開しているほどで、お菓子作りに対する熱意が相当なものであることが分かるでしょう。

 

でも、彼女のハンドメイドはお菓子に限らず、写真のようにDIYでできるものであれば何でもお手の物かもしれません。

映画鑑賞やカフェでゆっくりして彼女もストレス解消

そんな彼女もストレスは人並みに溜まる訳ですが、そのストレス解消法と言えば静かに過ごせる活動が好きなようです。

 

特に映画鑑賞カフェでお茶を飲んでゆっくり過ごすことは彼女にとって欠かせない時間のようで、フェイスブックでもカフェのシーンがよく見られます。

 

司会業という体力を使う仕事に普段従事しているだけに、既に述べたハンドメイドと共にあまり体を動かすことは得意じゃないのかもしれませんね。

スポンサーリンク