台湾の今後の活躍が大きく期待できる美人の紹介コーナー。本日ご紹介するのは【林小雨】と呼ばれるコンパニオンさんです。

 

いわゆる隣にいる可愛い女性という感じのべっぴんタイプであり、コンパニオンをされているにしては癖のないルックスを持つお嬢さんではないでしょうか?

 

今回の紹介記事も彼女に許可を取って載せていますが、実は彼女本格的にコンパニオン業界のお仕事に従事している訳ではありません。彼女の素顔とバックグランドをチェックします。

スポンサーリンク

飾らない可愛さとおっとりとした雰囲気で男女にも人気

林さんはネットでは根強い人気を誇っていますが、何より男女を問わずに受けが良いのが特徴的です。

 

やはり、飾らない可愛さとこのおっとり感が多くの方に受け入れられているようで、彼女の人柄がすごく表れているのではないでしょうか?

 

雰囲気から見てもあまり派手な服装は好みではない感じもしますが、いざ大人っぽいスタイルとすると最も映えるのは彼女みたいなタイプでしょう。

メイクによって雰囲気が大きく変わるのも彼女の魅力

それでも彼女が被写体として優れていると言えるのは、メイクで雰囲気が一気に変わってしまう点にあります。

 

隣の可愛い子的な存在の女性はメイクが意外にキレイに見えないこともあるのですが、彼女の場合はメイクで個性もガラッと違って見えるのも得している感じです。

 

女性から見てもこの点は参考にされやすい部分であり、ここが男女を問わずに人気の高い強い要素ではないでしょうか?

ホワイト系の服を着ることで画像もより美しく映える!

ご本人の好みなのかは分かりませんが、ホワイト系の服を着ることで本人だけでなく画像全体も美しく映えますよね。

 

彼女であればカラフルな服も問題なく似合うはずですが、どちらかと言うとカラー服でもモノトーンの方が雰囲気も目立つはずです。

 

また、彼女が恵まれているのは年齢も気にならないルックスかもしれません。もちろん、年齢は知りませんが、いくつになっても人気者でいられるスタイルを持っています

スポンサーリンク

人気コンパニオンの風格を持つ彼女の意外な素顔

さて、彼女は初めからコンパニオンを目指していた訳ではないようで、素顔の彼女をチェックしてみると意外なものがあります。

 

逆に言うと彼女がとても良い雰囲気でコンパニオンとして活動できるのは、そのような素顔が良い影響を及ぼしているからだと個人的には分析しているのです。

医療看護系の学校にて勉強した経歴を持っている!

実際、彼女は医療看護系の学校を卒業した経歴を持ち、(たぶん?)看護師として活動されることを目標に人生を歩まれたのでしょう。

 

学校は台湾東部にある台東にあるようで、台湾南部出身の彼女は故郷を離れて勉強に励まれたことになります。

 

彼女の雰囲気に見られるある種の品の良さなどを見ても分かるように、こういった確固たる目標を持って生きてきた経緯も相まって彼女の人生の良い方向性に繋がっているようです。

誰とでも自然に溶け込める親和力もレベルが高い!

また、彼女も例外にもれずフェイスブックにアカウントを持っていますが、彼女のコンパニオンとしての活動の様子に対してかなり自然な評価を示している方も多いようです。

 

印象的なのは彼女の【親和力】の高さを評価しているものもあって、一緒に映っている人や物を問わず、彼女が上手く溶け込める力がかなり大きいことも理解できるでしょう。

 

ここでアップしている画像もそうですが、彼女が映ることで背景そのものも上手に引き立てられてますよね。
スポンサーリンク


一般の仕事とコンパニオンの仕事を両立させている

医療系の学校で勉強されたことについては既にお話ししたとおりですが、実のところ彼女は一般の仕事とコンパニオンの仕事の二束のわらじを履いています。

 

つまり、彼女は自分の持つ2つのスキルを上手に両立しようとしていることは間違いなく、相当忙しい日々を送っていることも想像に難くないでしょう。

ウィークデーは台湾南部の屏東で一般人として就業

彼女はウィークデーには台湾南部にある屏東の医療機関にて従事しており、おそらく看護師として患者への対応を進めていると思われます。

 

実際上、彼女のフェイスブックを見ても平日における画像アップはほとんど見られず一般の医療人としての姿をきちんとベールに隠しているのです。

 

それでも、勤務先も公開しているようで、ここにも彼女の懐の深さを感じられずには居られません

ウィークエンドは台湾全土でコンパニオンとして活躍

そして、ウィークエンドになりますとコンパニオンとして台湾全国にて活躍されており。土曜日と日曜日はその様子もフェイスブック上にてほぼ確認できます。

 

ただ、生活の拠点は台湾南部であることもあって、コンパニオンとしての活動も高雄などの南部が多いようです。

 

台北などの北部には桃園などの例外を除いてあまり来られないようで、もし彼女に会いに行くのであれば南部のイベントを見に行くのがより確実でしょう。

スポンサーリンク