日本でもかなり普及したスマホ。すでにガラケーの少ない台湾では、日本以上に多くの人口比率で普及しているとされます。

 

それは台湾でスマホを使うことが大変便利だからに他ならず、実際台湾には大都市を中心にWi-Fiスポットがかなり多く存在しているのです。

 

日本から旅行に行くと現地人と同じようにやはり常時Wi-Fiが使えるようにしておきたいものですが、ここでは少しでも安い使い方をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

台湾でWi-Fiを使う際に多くの日本人が中華電信利用

一般的に台湾旅行にて現地で使えるWi-Fiサービスを模索する場合、多くの日本人は【中華電信】の日数限定の無制限プランを使うのではないでしょうか?

 

もちろん、【中華電信】でなくとも【台湾大哥大】などの別のサービス体でも同じようなプランがありますので価格的にはあまり変わりません。

 

かつて管理者のみけんもこの台湾キャリアによるWi-Fiサービスの利用者であったのですが、面倒くさがり屋の私にとっては使い勝手が悪いと思うことも多かったのです。

その都度SIMカードを入れ替えなければならない

まず、【中華電信】のWi-Fiサービスを利用する場合、最も面倒な部分はSIMカードを交換しなければならないということです。

 

最近のスマホは横側からSIMを挿入できるタイプも多いのですが、のみけんは格安スマホを使い倒すほうなのでカバー外してスマホ内に挿入するタイプを愛用しています。

 

この場合、毎回台湾に行くたびにSIMを入れ替えていては大変面倒に感じることも多く、到着時間帯によっては人も多いので窓口に長時間並ばなければならないのもネックと言えるでしょう。

台湾ドルでの現地窓口での支払いが必要になる

また、このような台湾キャリアによるWi-Fiサービスになると、SIMの購入受取予約は日本にいてもネット上で進めることができます。

 

しかし、その支払いは現地で台湾ドルにて支払わなければならず、窓口に並ぶ前にATMでキャッシュを引き出す時間が必要となるでしょう。

 

特にクレジット派の管理者のみけんはこの点もネックであり、毎回キャリア系のサービスを使い続けることに躊躇するという訳です。

スポンサーリンク

サービスによってはモバイルWi-Fiの方がさらに安い!

じゃあ、どのような方法で継続的にWi-Fiを台湾で使えば良いのかというと、モバイルWi-Fiを使うことが意外に安いと言えます。

 

上述のキャリア系の料金において、最も安いプランと言われるのが5日間無制限で300台湾ドルになるでしょう。

 

しかし、このプランでも1日に60台湾ドル(日本円で228円)掛かってしまいますが、モバイルWi-Fiだと1日200円内に抑えることもできるのです。

台湾現地のモバイルWi-Fiサービスを使うのが基本

この場合は、台湾現地のモバイルWi-Fiサービスを利用することでリーズナブルに利用できるでしょう。

 

のみけんが利用しているのが【iVideo】と呼ばれるサービスですが、毎回1日あたり150円から170円の間で活用させてもらっています。

 

クレジットであらかじめネット決済しておけば、台湾入国後に空港のコンビニなどで受け取るだけという手軽さも魅力です。

 

コンビニにも受け取りに並ぶことはありますが、基本的に多くの方は物を買うだけなのであっという間に自分の番になって台湾キャリアの窓口に並ぶよりも時間がかなり短めに済むでしょう。

空港に着いたらすぐに返却ボックスで返却もできる

また、このような現地のモバイルWi-Fiサービスの良さと言えば、空港の返却ボックスに入れてすぐに返却できることにあります。

 

本来はコンビニなどで返却手続きすることを求められていますが、時間がない時などは返却ボックスで済ませることも問題ありません。

 

私も帰国のために桃園空港に着くとすぐに返却ボックスに行って忘れないように先に返却を済ませることにしている訳です。
スポンサーリンク


モバイルWi-Fiを活用していく場合に注意するポイント

しかし、このモバイルWi-Fiを活用する上で注意すべきポイントも存在し、少しでも安い価格でサービス利用するにはここを押さえなければなりません。

 

また、モバイルWi-Fiの安さだけを重視するあまりに結果的に高くついたというケースもありますが、ここではそのようなケースを交えてチェックしていきましょう。

レンタル価格が頻繁に変わるので安い時に予約

一般的にモバイルWi-Fiサービスのレンタル価格は変動することが一般的で、在庫台数が多ければそれを消化するためにキャンペーンを定期的に実施しています。

 

私の経験から言うと、同じモバイルWi-Fiルーターで1日あたり150円までレンタル料が落ちることもあるでしょう。

 

そのため、予約はギリギリまでしないことがベストで、この安い価格になった時に初めて予約することがコツなのです。

本体はもちろん付属品も絶対に失くさないようにする

実はモバイルWi-Fiルーターをレンタルする場合に最も重要なことは、付属品の保管をしっかりと行うということです。

 

Wi-Fiルーターのレンタルには本体だけでなく充電用の電源なども含まれており、これらの付属品を紛失などしますと弁償のためにレンタル料よりも高い料金が課されることになります。

 

安全な台湾だと言っても旅にはトラブルが付きものですし、本当に安く上げるために本体を含んだ備品の管理には注意を払いましょう。

スポンサーリンク