taiwan268

台湾旅行では多くの方が利用する桃園空港ですがほとんどの方は空港バス、若しくはタクシーやハイヤーを使って台北市内やそのほかのエリアとの間で移動されているのです。

 

しかし、いよいよ桃園空港と台北市内をダイレクトに繋ぐMRTが2017年にやっと開業する見通しとなり、これによって台北市内からのアクセス利便性が格段に大きくなるでしょう。

 

ここではこの桃園空港MRTが開業することのメリットはもちろん、意外に存在すると思われる悪影響などにも触れていきます。

スポンサーリンク

台湾桃園空港専用MRTが2017年に開業するメリット

まず、台北市から桃園空港へ行ける専用のMRTが開業するメリットをここで見ていきます。

 

10年前の台湾は観光客もほどほどに多かったのですが、近年は桃園空港における入国審査を見ても分かるようにかなり混雑が目立つようになりました。

 

台湾旅行をする外国人の数が増えている状況では、この専用のMRTの開業は待ちに待ったものであることは明白でしょう。

空港からかなり速く台北市内にアクセスできる

taiwan269

桃園空港から台北市内に高速バスで移動するケースを見てみると、現在は約1時間弱の所要時間となっています。

 

しかし、この専用MRTであれば台北市内から30分ちょっとで移動できることもあり、桃園空港そのものの利便性も飛躍的にアップするでしょう。

 

30分ちょっとで台北市(台北駅)から移動できることは、空港が市内にあることと大して変わりはないことを意味するのです。

空港専用バスを長い時間待たなくても良くなる

taiwan270

また、桃園空港から高速バスで各地に移動する場合に最近よく見られる光景が、バスに乗るための順番待ちが凄まじい点にあります。

 

桃園空港は近い将来滑走路とターミナルの増設がなされることも決定的となっており、各々のターミナルを回って客を乗せる高速バスは今後一層待ち時間が長くなる懸念があるでしょう。

 

そのため、これを抜本的に解消するためには空港専用MRTの建設は急がなければならない事項と言えるのです。

スポンサーリンク

台湾桃園空港MRTが開業することによる悪影響は?

それでも、台湾にとってこの桃園空港MRTの開業に関しては、経済的な悪影響を懸念する声も聞こえてきます。

 

これは、台北市内から桃園空港へ行くMRTのルートも大きく関わっているのですが、ここではこの具体的な悪影響を検証していきましょう。

乗り慣れていた空港バスの便数が大幅に減る可能性

taiwan271

まず、このMRTの存在によって悪影響を受けるのが現在メインの交通手段である空港バスです。

 

現在、桃園空港の高速バスは片道100元台湾ドルちょっとで台北市内へ移動することができますが、このMRTも160元台湾ドルほどで利用できる見込みとなっています。

 

つまり、MRTを利用すれば数十元高い程度で時間が短縮して空港にアクセスでき、さらにこの利便性によって空港バスの便数がかなり減る可能性も指摘されているでしょう。

ただでさえ不況の台湾タクシーはさらに大打撃に?

taiwan272

また、桃園空港MRTの開業で最も打撃を受けるのはタクシー業界とされ、それはMRTが市街地から郊外の駅を通って空港に到着するルートを持つからです。

 

現段階では郊外に住む台湾人はまずタクシーなどで市内に出てきてから、空港バスに乗るケースも多いでしょう。

 

しかし、郊外のMRT駅からダイレクトに桃園空港にアクセスできるようになると、多くの旅行客はタクシーを使う必要がなくなります

 

さらに、台北市内から郊外に繋がっているMRTでもあるので、終点の空港に行かなくても生活路線として使えることにもなり、郊外向け路線バスなども経営上の悪影響を受けるようになるのは必至です。
スポンサーリンク


桃園空港MRT開業で恩恵を受ける客とそうでない客?

さて、ここでは桃園空港MRTによって恩恵を受ける意外な空港利用客とそうでない利用客を見ていきましょう。

 

一般的にMRTは24時間運行していることはあり得ませんので、実際のところそのメリットを享受できない方もいらっしゃいます。

桃園空港でのトランジット客は台北市内観光も便利に

taiwan273

まず、このMRTの恩恵を受ける意外な旅行客ですが、それは桃園でのトランジット便に乗る客で一度入国することを選ばれる方です。

 

朝に桃園空港に到着して夜の飛行機に乗る方はかなり時間が空きますので、台北市内などに観光でも行きたいと思うのは自然な考えでしょう。

 

この場合に30分ちょっとで市内に行くことができる桃園空港MRTを使えば高速バスに並ぶ時間も省け、さらに十分に観光できる時間も確保できます。

深夜や早朝便での到着や出発の乗客はバスが便利

taiwan274

しかし、その一方でこのMRTの恩恵をあまり受けない旅行客もいらっしゃいます。それは早朝便などで台湾から帰国する旅行客です。

 

現在でさえも台北駅発の地下鉄は朝6時頃となっていますので、この桃園空港MRTの始発時間も同じような時間だと仮定すれば利便性は悪いしょう。

 

この場合は、現在でも24時間運行している空港バスを引き続き使うことが無難で、深夜や早朝に桃園空港に到着する観光客についても同じことが言えます。

スポンサーリンク