taiwan261

台湾旅行が好きな方にとっては、その旅費の管理は一番気を遣うところでしょう。

 

海外旅行は為替によって費用が大きく変わってきますので、円安になると旅費が高くなってしまいます。

 

しかし、台湾旅行に多く行きたい方は何とかして少しでも安くする工夫を行っているのです。

 

ここでは、円安時に特に有効な費用管理対策をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

台湾旅行を円安の時期に乗りきる対策と前提条件

海外旅行者にとっては頭の痛い円安。

 

基本的に、台湾旅行における航空チケットや現地のホテル代台湾ドルからの換算になりますので、円安になれば当然価格も高くなるのです。

 

こうなると円安リスクをいかにして分散するか、そしてコストの支払い負担の大きさを分散させるかは大きなテーマとなるでしょう。

 

まずは円安の時期に乗り切る対策とその前提条件について触れていきます。

半年~1年以上前から旅行日程を決めておく!

taiwan262

台湾旅行において円安の影響を考慮するのであれば、少なくとも半年から1年前にて旅行日程を組むようにしましょう。

 

航空チケットもホテルも、予約が遅ければ遅いほど現地価格自体が値上がりするのは避けられません。

 

さらに、ここに円安要素が加わればさらに日本円での購入価格は高いものとなり、多くの方は早く購入若しくは予約していれば良かったと後悔するものです。

 

サラリーマンとして勤めている方はなかなかコントロールできないかも知れませんが、基本的にこのスタンスでないと安くするのは難しいでしょう。

旅行代金の支払いを一括で進めないのが無難

多くの方は旅行代金の支払いを一括で進めることが多くなるでしょうが、円安の時期になると意外に痛い出費に感じることも少なくありません。

 

そのため、少しでも支払いの負担を減らすために分割払いをして、ちょうど旅行に出かける時期に支払い終えるような計画を組みましょう。

 

分割払いですのでトータルでの費用は若干高くなりますが、積み立てをする感覚で無理なく支払する方法になります。

 

これであればあらかじめ貯金してから使えば良いじゃないと言う声もありますが、お金が貯まったころには価格も高くなっているケースも多いので逆転の発想で予約してから支払うのが無難なのです。

スポンサーリンク

ポイントサービスを利用して台湾旅行代金を減らす

台湾への航空チケットやホテルの予約を行う場合、国内旅行とは異なってまとめて購入するよりも別個に購入した方が安上がりです。

 

しかし、人間欲が出れば際限がないもので、もっと安くできないかと考えてしまいます。

 

この場合は、販売元が提携するポイントサービスを活用して、トータルの旅行代金を減らすのが大変有効的でしょう。

日本の旅行代理店でのチケット購入にポイント利用可能

taiwan264

日本の旅行代理店の中にはチケット購入に関わらず、旅行代金全般をポイントで購入できる機能を有していることも少なくありません。

 

このポイントの積算を日常生活での消費によって行っているのであれば、かなりのスピードで積算されることも多いでしょう。

 

つまり、旅行の手配に関してはどこの業者でも良いという訳ではなく普段貯めているポイントサービスが使える旅行代理店をセレクトしなければならないのです。

 

普段から台湾旅行好きの方になると、少しでも費用を削るためにこのようなポイントサービスの併用を常に行っています。

分割払いできる旅行代理店を選ぶことが大変重要

taiwan265

また、先にも触れましたが旅行代理店のセレクトには分割払いができる業者が大変重要です。

 

旅行費用の支払いでポイントサービスが使えて、分割払いができるところと言えば限られたところしか存在しないのが現状でしょう。

 

そのため、まず分割払いできる旅行代理店がどのポイントサービスを使っているかについて把握が求められ、それによってどのポイントを貯めていくかを考慮することが求められます。
スポンサーリンク


荷物が多くなければ同じエリアでも毎日ホテルを変更

台湾に旅行に行かれる方のほとんどは、特定のホテルに連続して宿泊されることでしょう。

 

しかし、費用面から言うと意外に損していることも多いのです、同じエリアで1泊ごとにホテルを変えるとトータルで安くなる確率も高まります。

 

また、台北などではホテル同士もそれほど離れていない場合でも、1泊当たりの料金に大きな差が生じることも少なくありません。

 

さらに、連続で同じホテルに泊まると予約できない場合もあるので、荷物が少なければ毎日ホテルを変更することも経済的かつ確実に予約できるとても良い方法なのです。

チェックアウトして次のホテルに荷物を預けにすぐに移動

taiwan266

台湾のホテルは、午前11時から12時の間にチェックアウトできるところも多いでしょう。

 

また、チェックインも午後1時くらいからできるところも多いので、チェックアウト後にすぐに次のホテルに行って荷物を預かってもらうことも可能です。

 

ただ、この方法はホテルの値段を微妙に抑えられるメリットがある一方で、あまりにも重く大きな荷物を携えていると移動にストレスを感じることも考えられます。

最終日だけ駅周辺の空港アクセスの良いホテルを選ぶ

taiwan267

台湾の滞在エリアのホテルをマメに変更する方法は意外に楽しいのですが、最後の宿泊に使うホテルは絶対に空港アクセスの良いホテルを選びましょう。

 

フライトがかなり遅い場合は良いですが、最近はLCCなどを利用して格安旅費で来られる方も多いので早朝のフライトも多いのです。

 

台湾からもそういう便がありますので、空港へのアクセスを少しでも楽にするためにこの点には必ずこだわってください。

スポンサーリンク