taiwan239

台湾へ旅行に行くことを一通り楽しんでしまった方は観光地に行って、当たり前にナイトマーケットに行くなどは飽きてしまっているでしょう

 

たかだか数日間の台湾の滞在では、どうしても断片的な台湾しか見えてこないものです。

 

その場合に人によっては、もっと台湾を楽しむために長期間の滞在を計画されることもあるのではないでしょうか?

 

そのような方は、ぜひ台湾の【マンスリーマンション】を利用してみてください。今回はその良し悪しを見ていきます

スポンサーリンク

台湾のマンスリーマンションは休みが多い人に便利!

taiwan240

マンスリーマンションと言っても別に1か月無理に滞在する必要はなく、数日間でも一週間でも構いません

 

ただ、同じ費用の航空チケットで台湾に行くのであれば、やはり長期間滞在したほうがお金ない方にとってはお得なのに決まっています。

 

でも、長期間だと結局費用がかさむのではないのって思う方もいるでしょう。しかし、実際はそうでもないのですよ。

1か月滞在であればお金ない時も割引可能でお得に!

マンスリーマンションはその多くで1日だけの滞在ができますが、それであればホテルに泊まった方がマシです。

 

航空チケットのコスパを最大限に生かすためには、やはり1か月継続的に住み続けるのが最もお得で経済的と言えます。

 

マンスリーマンションによっては、1か月住み続けると割引率が半分になることもあり多くのマンションオーナーが超ショートステイを望んでいないことが分かるでしょう。

 

あまりにも短期間に複数の居住者が入れ替わると、物持ちも悪くなるので1か月滞在がやはりおすすめとされているのです。

サラリーマンでは味わえない台湾旅行を計画できる

日本人のライフスタイルから言って、ほとんどの方は会社勤めのサラリーマンになる訳です。

 

そのため、どんなに長く休めても2週間くらいというのが限界になるのは間違いありません。

 

しかし、自営業などの方やどうしても気分転換をしたいと言う方は、サラリーマン以上に時間は取りやすくなります

 

このような方は、台湾に行く場合はマンスリーマンションを利用すれば、通常の台湾旅行では体験できない旅が簡単に組めるようになるでしょう。ぜひ、お得な気分でチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

台湾でマンスリーマンションを使う場合のメリットは?

taiwan241

ここでは、台湾でマンスリーマンションを使う具体的なメリットを見ていきます。マンスリーマンションは決まった部屋タイプがある訳でなく日本でいう【民泊】の概念にかなり近いかもしれません。

 

しかし、オーナーが一緒に住んでいる訳ではないので、この点はホテルと感覚はあまり変わらないでしょう。

 

それでも、ホテルとやはり異なるからマンスリーマンションなのですね。その魅力を見ていきますよ。

一般住宅を使用するので現地人の生活を体感できる

台湾で提供されるマンスリーマンションは、一般住宅であるマンションの1室を開放したサービスであることがほとんどです。

 

そのため、生活感があって現地人と同じような生活を進められることになります。

 

マンションの近くには現地の食事がテイクアウトできるお店もあり、マーケットやバス停などもあります

 

原付に乗っている多くの台湾人も裏道で当たり前に見かけられ、ホテルにいるのとは違って台湾人になった気分に浸れるでしょう。

 

こういった旅の楽しみ方こそがスムーズに台湾人を理解できることに繋がり、中国語のレベルアップにも大いに寄与するのです。

かなり先までの予約ができるので総費用もお得になる

また、このマンスリーマンションは相当先までの予約できるメリットがあり、飛行機のチケットも相当早く手配できるので最終的な旅行総費用がかなりお得になります。

 

入居時には家具や家電はもちろん、各種の据え付け品を大事に扱うことが義務付けられますが、光熱費などは基本的に支払う必要がないことも少なくありません。

 

台北のマンスリーマンションはとても人気が高いので、地下鉄駅などに近いところで月に5万円ほどの物件は早めに予約しないとすぐに埋まってしまうでしょう。
スポンサーリンク


台湾マンスリーマンションでの気になるデメリットは?

taiwan242

さて、一般的にマンスリーマンションの見つけ方ですが、【台湾 マンスリーマンション】とネットで調べるとヒットします。

 

台湾のポータルサイトでも【月租 公寓】と入力すれば物件が見つかるでしょう。

 

日本の場合はマンスリーマンションを専門であっせんしているサイトにヒットしますが、そのようなサイトで宿泊先を見つける際にちょっとしたデメリットもあるのです。

基本的に先払いにて宿泊先を確保しなければならない

そのようなマンスリーマンションの専門サイトは、予約と同時に課金されることがほとんどです。

 

数週間後や数か月後の宿泊に関わらず課金することでオーナーに担保を与える仕組みになっています。

 

宿泊する前にオーナー側に課金されたものが行くことはありませんが、あっせんするサイトが代わりに保管していることが多いでしょう。

 

通常のホテルなどでは宿泊するまで決済が発生しませんが、マンスリーマンションの場合はあらかじめクレジットカードなどでの支払いが求められるのです。

中国語ができないと費用や条件に誤解を招くことも

日本でネットから専門サイトを使ってマンスリーマンションを予約する場合は、日本語表示されるのが基本的に不便なことはありません。

 

ただ、実際現地に行って入居する段階になった場合に、最初にオーナー若しくは代理人に会う訳ですが日本語ができるとは限らないでしょう。

 

そのため、ネットには書いてない臨時の費用や条件変更が必要になったりした場合中国語ができないことでお互いにコミュニケーションが取れずにトラブルになるリスクもあります。

 

このような誤解はホテルなどでは日本語が通じる方もいるので発生しにくくマンスリーマンションではこれらを想定しておくことが必要です。

スポンサーリンク