taiwan227

台湾も天気が落ち着いている季節と言えば年末年始。普段暑いイメージの強い台湾でも、普通に寒い気候を感じることができる季節と言えます。

 

そんな台湾の魅力に取りつかれた方の中には、そろそろ一人旅を楽しんでみようと思う方もいらっしゃるでしょう。

 

台湾は中国語ができなくとも基本的に安全に旅行はできますが、そこに楽しさをより確かなものにするためにはちょっとした工夫もコツが必要です。

 

今回は初めての一人旅を年末年始から始めようとする方向けに、ストレスのない台湾旅における工夫の仕方をチェックしましょう。

スポンサーリンク

台湾への年末年始の初めての一人旅に欠かせないこと

taiwan228

最初に迫り来る年末年始の台湾一人旅について、ここではまず基本的に欠かせないことを紹介していきます。

 

台湾は旅行者に優しいと言っても、極めて身近な外国であることには変わりはありません

 

そんな中でも、行き当たりばっ旅では思わぬトラブルに巻き込まれるものです。ここでは、その予防策としての準備や心構えを見ていきましょう。

台湾現地の友達をできるだけ多く作る努力をする

まず、台湾の一人旅に最も重要なことは、あらかじめ現地のお友達をできるだけ多く作っておくことになります。

 

外国で安全に過ごすためには、自分一人の力ではどうにもならないことがあるでしょう。

 

友達数人で台湾に行くのであれば問題ないですが、すべてを自分でしなければならない状況では何らかのトラブルの解決の力になってくれるのは現地の友達しかいません。

 

一人旅の目的はどうであれ、現地の友達を作るという前提は自分自身の安全のために必ず持っておくべきです。

台湾で自分らしくいられるような旅行計画を立てる

台湾一人旅を進める場合に、一部の方はかなり羽目を外されるケースもあるようです。

 

海外での一人旅は日常から逸脱できる大きな機会ですし、時折日本では自分自身も気付かない一面を気付かせてくれることもあります。

 

しかし、一人旅は同時に自分自身を見失うこともあります。その結果、現地では迷惑行為に当たったり、日本でも起こしたことがなかったトラブルにも見舞われることさえあるでしょう。

 

そのため台湾に限りませんが、一人旅も自分らしくいられるような旅行計画をしっかり立ててから行くようにしてください。

スポンサーリンク

台湾を中国語を使わなくてもストレスなく楽しむコツは?

taiwan229

さて、日本語が比較的通じやすい台湾と言っても、すべてのところで日本語が使える訳ではありません

 

団体旅行であれば良いですが、一人旅を始めたばかりの頃中国語ができないことがストレスになることがほとんどです。

 

そのため、台湾に行く前に中国語を使わなくても良いような工夫を練ったり、準備をすることが意外に現地に行って役立つこともあります。

 

ここでは、そのコツについて見ていきましょう。

MRTで必ず移動できるエリアへの訪問を心掛ける

一人旅でも現地の友人との旅であればどの交通機関に乗っても怖くはありませんが、ピンで移動となるとそうはいきませんよね。

 

この場合は、MRTで移動できるエリアに特化して旅を楽しむことが無難です。これであれば中国語もほとんど必要ありませんから。

 

基本的に現地の路線バスに乗れるようになれば、移動範囲も広がって楽しさは倍増しますが万が一乗り間違えた時の不安は意外に大きいものです。

 

台湾一人旅も回数をこなせばバスも慣れていきますが、慣れるまではMRTでの移動にこだわるようにしてください。

現地の各種チケット購入などあらかじめネットで準備

中国語のできない不安は、やはりふとした時に必要なコミュニケーションです。

 

物を買う時やサービスを受けたい時など先方から確認されることもありますし、やはりその時には言葉でのコミュニケーションが求められます

 

台湾の一人旅でもよく利用するのが新幹線などになりますが、ネットからでも予約が可能予約番号があれば現地の新幹線駅の自動販売機でチケットを受け取ることもできるでしょう。

 

つまり、窓口に行かなくともサービスを受けられる仕組みを徹底利用することです。
スポンサーリンク


台湾ではホテルのセレクトも初めての一人旅には重要

taiwan230

台湾には、日本で予約できるホテル以上に多くのホテルが存在しています。

 

日本の旅行代理店で予約した場合は安全なホテルであることが多いものの、価格は意外に高くつくものでしょう。

 

しかし、実際は台湾には無名でも安全で価格も安いホテルが多く、一人旅であればこれらを海外予約サイトなどで予約しない手はありません

 

ここでは、一人旅に向いている台湾ホテルのセレクトの仕方を見ていきます。

空港に行く交通手段の乗り場近くのホテルがベスト

基本的にすべて一人で責任を負う一人旅になると、空港に行ける交通機関の乗り場がすぐ近くにあるホテルがベストです。

 

もし、ホテルから空港バスなどの乗り場から離れていれば、重い荷物を持っていくときもかなり苦労します。

 

ホテルから歩いて行けるほどの距離に乗り場があれば、たとえ次の朝に早く出発しなければならない場合精神的にも肉体的にも楽なのは間違いありません。

 

このようなホテルはすべてがキレイなホテルとは限りませんが、コスパの良い一人旅にとっては決して外すことができないセレクトなのです。

空港と市内移動が心配な場合は送迎付フリーツアーで

仮に費用の問題海外サイトにて自分で予約ができないなどの壁にぶち当たった場合、もしくは空港からホテルまでの移動も自分ではどうしても処理しきれないなどのケースもあります。

 

このようなケースは日本の旅行代理店経由で、台湾の空港送迎付きのフリーツアーを申し込むことも1つの手です。

 

これであればバスがホテルに来てくれますし、自分で空港バスの乗り場にさえも行く必要はありません

 

ただ、他のツアー客と一緒に市内への移動になりますので、初日における自由な時間が意外に減ってしまうことは覚悟しなければならないでしょう。

スポンサーリンク