taiwan192

毎年次から次に出てくる台湾の美人有名人。そんな中でもコンスタントに活躍し続ける方は目を見張ります

 

しかし、どんなに美人の有名人でもモチベーションがとても高かったり、強運の持ち主だったり凡人とはどこか違う部分を持ち合わせているでしょう。

 

本日も、そんな特別な個性を持つ女優さん、モデルさんにアナウンサーさんをご紹介するのです。

スポンサーリンク

台湾美人女優~曾莞婷

最初にご紹介するのは、【曾莞婷】と呼ばれる女優さんです。

 

もともとは【曾婉華】という名前で活躍されていた方ですが、2008年くらいに今の【曾莞婷】に変更されています。

 

1982年生まれの彼女は、身長168センチ(推定165センチ)の驚くほどのスリムスタイルです。

 

一見生まれながらの女優さんのイメージを持ちますが、意外に苦労されて今の地位を確立されているでしょう。

 
taiwan193

お嬢さま育ちだったが若いころに父親を失う経験も

もともと、彼女は測量会社を経営している父親のもとでお嬢さまとして育ちました。

 

しかし、小さいころに父親が買い手のついているマンションを騙されて購入、そして莫大なローンを高利貸しで補う羽目になったのです。

 

そして、彼女が20代になったばかりの時に父親が鉄道軌道上の測量中に電車にはねられて他界するという悲しい経験も持っています。

 

それから、彼女は母親を守るために女優への道をまい進したという訳です。

話せなかった閩南語を学んで台湾ドラマの常連に

taiwan193-1

【曾莞婷】は現在、台湾の【本土劇】いわゆる台湾語(閩南語)セリフのドラマに多く出演しています。

 

しかし、もともとの彼女は台湾語(閩南語)を話すことができなかったため、ドラマに出演するために徹底して話せるように努力したようです。

 

台湾語(閩南語)は中華圏の方言の中でも最も難しいものの1つで、それをネイティブレベルまでに高めるのは並の努力ではできなかったに違いありません。

 

現在彼女が【本土劇】の常連として活躍されているのは、彼女のルックスもありますが台湾語(閩南語)習得の努力のたまものなのです。

スポンサーリンク

台湾美人有名モデル~賴琳恩

次にご紹介するのは【賴琳恩】と呼ばれるモデルさんです。

 

台湾の著名なモデル事務所【伊琳娯楽】に所属中ですが、女性モデル兼タレントとして登録されています。

 

1989年生まれで身長167センチ(推定162センチ)モデル職としてはかなり小柄ですが、彼女の経歴を見ればそれはあまり問題ではないということが分るでしょう。

 
taiwan194

香港亜州テレビ主催【ミスアジア】で第3位に輝いた

【賴琳恩】は、かつて香港に存在した【亜州テレビ】が主催する【亜州小姐】、つまりミスアジアコンテスト2008年に第3位に輝いた経験を持ちます。

 

そのころは、今ほど知名度も高くない駆け出しのモデルだったので、コンテストで第3位になったことで一気にモデル業界で有名人となりました。

 

実際に彼女の仕事を見ると2009年から仕事量が桁違いに増えていることから、コンテストは彼女にとってかなり大きな人生契機だったのです。

モデルながらテレビに映画にCMにすべて大活躍!

taiwan194-1

モデルとしての仕事は雑誌やミュージックビデオへの露出が一気に増えたのは言うまでもありませんが、彼女のすごいところは女優としてもドラマや映画にもコンスタントに出演していることです。

 

当初はモデルとしてバラエティのアシスタントに出演することもありましたが、事務所でも彼女をモデルではなく安定した収益が見込める女優業を主にさせているでしょう。

 

可愛いながらも気の強いような個性を漂わせる表情を持つ彼女は、モデルとして熱狂的なファンの支持を受けていることは言うまでもありませんね。
スポンサーリンク


台湾美人アナウンサー~張齡予

本日最後にご紹介するのは、【張齡予】と呼ばれるアナウンサー兼記者の女性です。

 

彼女は現在、【東森ニュース】に所属していますが、身長163センチ(推定158センチ)の彼女学生時代からメディア出演は多かったでしょう。

 
taiwan195

もともと歌手志望でオーディション番組に出たことも

もともと歌手志望であった【張齡予】は、彼女は2010年にオーディション番組の【超級偶像】に出演した経歴も持っています。

 

このようにアナウンサーでも個性や向上心が極めて強いことから、台湾メディアの追っかけなどでプライベートが注目されることの多い方の1人です。

 

毎日ストレスと戦っているようで、2016年は病院で手術を受けて1か月くらいニュースを休んでいたほどです。

かつて親友に二股を掛けた男性作家にインタビュー!

taiwan195-1

彼女はテレビ局の一アナウンサーに過ぎなかったのですが、ひょんなことから彼女は有名なアナウンサーになりました。

 

それは、2014年にある台湾作家の女性問題に対する合同インタビューでの一幕です。

 

何とその作家、彼女の親友である他局の女性記者に二股を掛けていたのでして、それをインタビュー時に告白されると彼女の目つきは厳しいものに変わりました。

 

彼女の立ち位置は作家のすぐ横にいたこともあって、彼女の不遜な表情の変化が記録として残っています

 

それ以来、彼女がメディアで取り上げられるときはこのインタビュー場面がまず引き合いに出されるでしょう。

スポンサーリンク