taiwan92-1

台湾のおすすめスポットの穴場として、美人のいるお店を紹介してきましたが早いもので今日にて4回目です。

 

今日ご紹介する方たちも、現地台湾メディアではかなり紹介されている人気の高い方たちになるでしょう。

 

それでも、彼女たちは決まった場所で仕事をしていますので、会いに行こうと思えば会いに行ける身近な美人さんと言えます。

スポンサーリンク

屏東市で水焼き肉まんを販売する美人店長【黃洣】

1人目の美人さんは、屏東市で【水焼き肉まん】を販売している美人店長の【黃洣さん】です。

 

今までは全く異なる仕事をしてきましたが、一念発起して非常にきつい食べ物産業に乗り出しています。

 

屏東エリアでは【水焼き肉まん】は非常に有名なようで、かなりライバル店の多いエリアとなっているでしょう。

 

それでも、店長自身のルックスの良さもあって安定した売上を上げているそうです。

 
taiwan90

もともとは障がい者の特別学校で教師をしていた

写真で見ると右側が【黃洣】さんで身長163センチ(推定158センチ)左側にいるのがその妹さんです。

 

実は彼女は妹さんとお金を出し合ってお店を立ち上げたようで、美人姉妹によって経営されているという大きな強みを持っています。

 

しかし、彼女は以前に障がい者向けの特別学校で教育者として働いていた経験があるのですが、通勤を屏東から高雄まで行っていたということで体力的にもきつかったと言えるでしょう。

 

そのため、妹さんと故郷の屏東にお店を出したという訳です。

10個で60台湾ドルが非常にリーズナブルで人気!

彼女のお店の【水焼き肉まん】は、10個で60台湾ドル(日本円で210円)と非常にリーズナブルなのが大きな特徴です。

 

美人の2人が経営するという話題性を考慮せずとも、屏東エリアでも非常においしいと評判のお店です。

 

そんな気になる彼女たちのお店ですが、屏東市中正路と青島路の交差点近くにある【中正路水煎包】と呼ばれるところです。

 

夜もかなり遅くまで営業しているのでぜひ会いに行ってみましょう。

スポンサーリンク

屏東県のプレジャーボートの美人船長【陳子民】

さて、お次にご紹介するのは、屏東県の海の上で働く美人さんです。

 

海の上で働くって漁師か何かって思うかもしれませんが、実はプレジャーボートの船長として活躍する女性になります。

 

身長167センチ(推定162センチ)で、名前を【陳子民】と呼ぶ笑顔の非常に素敵な方です。彼女は30歳になる前にこの業界に入り、今では職場に欠かせない重要な役割を果たしているでしょう。

 
taiwan91

ボートを運転する女性はとてもカッコいいと評判

彼女は船を操縦するくらいですから、当然免許は持っています。

 

船に乗るお客さんも女性のお客が多いこともあって、彼女が船を運転すると聞くと非常に驚かれることが多いようです。

 

まだまだ、台湾では船を運転する女性はそれほど多くないので、船を運転する女性はカッコいいと思ってもらえることが非常に嬉しいでしょう。

 

それでも、彼女は船を運転することは乗客の命を預かることなので、非常に大きいプレッシャーを常日頃から感じています

人魚の格好をして泳ぐサービスも女性に人気!

実は、彼女はプレジャーボートでもう1つ重要な役割をもっています。

 

それが女性客と一緒に人魚の格好をして、海の中にダイビングする非常に人気のサービスなのです。

 

つまりは船の運転だけでなく、泳ぐことも大好きな彼女は海の楽しさを伝えることも彼女の重要なお仕事になるでしょう。

 

さて、彼女に会いたい方は【屏東縣恆春鎮大光路79-5號】にある【墾丁伊亞帆船遊艇俱樂部】に行ってみましょう!

 

船は季節を問わず動いているので、暖かい屏東であれば非常に楽しいこと請け合いです。

スポンサーリンク

台北市台湾大学付近のスイーツ店美人店長【蔡莉屏】

最後にご紹介するのは非常に上品な雰囲気を持つお嬢さんです。

 

2013年に彼女が開業させたスイーツ店。数年で店舗を構えるほどに成長しています。

 

店長を務める【蔡莉屏さん】は身長163センチ(推定158センチ)で、お客などからは一般的に【凱莉】や【Kelly】と呼ばれています。

 

彼女のお店の名前は【Color C’ode 凱莉小姐】、まさに彼女自身をお店のネーミングにしている訳です。

 
taiwan92

趣味で始めたスイーツ作りが本職にまで発展!

もともと彼女はボランティア活動をしていたこともあり、子供たちの世話をする活動も行っていました。

 

家庭教師などの活動も進めていたこともあり、子供たちにお菓子を食べさせたいという思いやりのある趣味から始まったのです。

 

その後、スイーツを作るレベルも非常にアップし、関連の免許を取得するまでになったのです。

 

また、フェイスブックでネット販売を始めてから、さらに実店舗を構えるほどになったのですから非常に努力家なのでしょう。

故郷の嘉義から新鮮な卵を常に取り寄せている

彼女はスイーツのデザインから制作をすべて手作りで進めていますが、彼女がよりこだわっているのが安全な材料です。

 

同時に彼女の故郷である嘉義から契約農家による新鮮な卵を取り寄せ、日本からも安全な生クリームエッセンスを輸入して顧客の健康を絶対に損ねないポリシーでスイーツを提供しています。

 

これが、彼女のお店が短期間に大きくなった非常に重要な理由となるのです。

 

さて、彼女が店長を務める【Color C’ode 凱莉小姐】は、台湾大学や台湾師範大学キャンパスのすぐ近くにある【台北市大安區羅斯福路三段107號】にありますのでぜひ買いに行ってみましょう!

スポンサーリンク