taiwan79-1

台湾はおすすめの観光スポットはもう行き飽きたという方も多いでしょう。

 

しかし、そんな時こそ穴場に行って台湾をもっと楽しもうじゃありませんか!

 

今回は、台湾における美人スタッフのいるお店第二弾として、3人の方をチェックしていきます。

 

それぞれ、何らかの苦労を抱えながらもお店を成功に導いている美人さん達です。

スポンサーリンク

台北市東門站付近にある豚肉店の美人【豬肉公主】

最初にご紹介するのは、台北市のMRT東門駅近くにお店のある【東門信義肉舗】と呼ばれる豚肉販売専門店の美人さんです。

 

ネット上では【豬肉公主】つまり【豚肉姫】として非常に話題で、元々お店は1つだけだったのですが今は彼女の人気のおかげで新しいお店を近くに出せるほどに成長しています。

 

彼女の名前は【張采婕】と呼び、通常は新しいお店の方で豚肉切りの作業をしているでしょう。

 
taiwan77

もともとは銀行員で家庭の事情で豚肉店へ!

【張采婕さん】はもともと銀行で働いていたのですが、家業である豚肉店を継ぐために仕事を辞めました。

 

元々はご両親と彼女の妹さんがやっていたところ、妹さんが肉切りの最中に指を切断してしまったために彼女が代わりにやることとなったのです。

 

彼女も小さいころからご両親の豚肉販売を間近で見て育ったこともあって、生の豚肉を扱うことにはそれほど抵抗はなかったと言えるでしょう。

 

現在は豚肉のどの部分がおいしいかどの部分をどう調理すべきかについても非常に詳しくなっています。

現在は彼女目当てに豚肉を買いに来る客も

彼女は身長157センチ(推定152センチ)の非常に小柄な女性です。

 

このさわやかな可愛い笑顔をお持ちですので、彼女目立てに豚肉を買いにくるお客もかなりいると言います。

 

また、彼女はお店における豚肉の販売以外にも、ネットにおける豚肉を使った餃子などの販売も行っているのです。

 

彼女が普段立っている2号店の場所は、MRT東門駅の1番入口から出て【臨沂街】で右折して【60巷】まで歩きます。その後、【60巷】で左折して歩いて右側2番の店になりますので行ってみましょう!

スポンサーリンク

台南市永康区にある人気ピザ店の美人【COCO】

さて、お次は台南市永康区にある【Aiko’s pizza】に勤める【COCOさん】です。

 

元々は移動でトラックに窯を積んでピザをその場で焼いて販売していたのですが、お客さんがどこに行っても買ってくれるようになりました。

 

その後、固定でお店を開いても来てくれるのではないかと思い、現在は固定のお店でピザを主に販売しています。

 

そして、このお店でピザを焼いているのが【COCOさん】、本名【呉乙秦さん】です。

 
taiwan78

白衣の天使から家業であるピザ屋の看板娘に転身!

元々彼女は看護師として働いていましたが、両親がピザ焼きで忙しすぎるのを見て一緒にやることを決めました。

 

移動販売に関しては両親が今までやって来た思い入れもあるのでやめられず、固定店舗の看板娘としてその管理を彼女が行っているのです。

 

固定店舗を開く前は彼女も移動販売を手伝っていましたが、毎日熱いものを扱う業務の性質から忙しくても人手が見つからなかったことも大きな要因とされます。

固定店舗での営業開始後も移動販売は継続している

移動販売に関しては以前ほど頻繁にはやっていないようですが、週末になると2日間は今でも行うことが多いでしょう。

 

お店は毎週月曜日と毎月最終日曜が休日となっていて、基本的に月曜日以外はお店で彼女に会えそうです。

 

【呉乙秦さん】のプロフィールですが、身長168センチ(すいて163センチ)でお目パッチリがなんとも言えませんね。

 

固定店舗の住所ですが、【台南市永康區文化路348號】となっていますので台南に行った時はぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

高雄市前鎮区にある人気麵線店の美人【小花】

さて、最後にご紹介するのは高雄市前鎮区に出している人気麵線店【高雄麵線妹】【小花さん】です。

 

彼女の本名は【蔣宜庭さん】と呼びまして、お店は基本的に家のお手伝いとして入っているものの、お店は彼女目当てにお客が来るほど伸びています。

 

彼女は、土日の午前中だけ結婚式場における花嫁のメイクアップアーティストをやっており、言わば二足のわらじで頑張っていらっしゃるでしょう。

 
taiwan79

麵線が売れない日は家族で毎日食べ続けたことも

しかし、元々は母親と一緒に移動にて高雄市内で麵線を販売していたのですが、警察などから車両移動を何回も要請されるなど商売が順調じゃないこともありました

 

これにより、本来販売するはずの麵線も売れ残ったことも非常に多く無駄のないように自分たちで毎日食べていた時期があったそうです。

 

麵線はとろみのついたスープに入っているので、温かい高雄では腐るのも早くて売れ残りはとても難儀すると言えるでしょう。

移動販売で注目され現在は固定店舗を出すほどに!

それでも、今は苦労も実って移動販売に出かけなくとも固定店舗に多くのお客さんが来てくれるようになりました。

 

移動販売でも取り締まる警察とも顔なじみになり、警察官からの固定客も着いて今のお店の成功に繋がっています。

 

そんな【蔣宜庭さん】のプロフィールは、身長163センチ(推定158センチ)の小顔で可愛い方です。

 

彼女も本業のメイクのお仕事で忙しいはずですが、自分がお店に来ないことで客が離れていくという心配から常に店に顔を出します。

 

そんなお店【高雄麵線妹】の住所ですが、【高雄市前鎮區ㄧ心ㄧ路220號】となっていますので高雄に行くと即チェックです!

スポンサーリンク