taiwan72

台湾の方は非常に日本好き。好きとまでは行かなくても、日本に対してある程度良い感情を持ってくれている方も多い土地柄です。

 

しかし、初めて台湾に行く方でも一人で行ってみようという方になると、日本好きの台湾人に出会えるかどうかとても不安になることもあるでしょう。

 

ここでは、台湾における日本好きの集まるところの紹介と意外な探し方もチェックしてみます。

スポンサーリンク

台湾の日本好きを探すには各地の日本語サロンへ!

台湾で堅苦しくない形で日本好きの台湾人の方を自然に見つけるには、台湾人が主催している日本語サロンを利用することがおすすめです。

 

サロンの主催者が日本人である場合もありますが、純粋に自らも日本語を勉強したい台湾人であるケースも多いいでしょう。

 

台湾の方にとっても、日常生活において語学学習ができる日本人を身近に探す手っ取り早い方法ですので日本語サロンは意外にニーズが高いのです。

台北などの大都市を中心に定期的に開催されている

日本語サロンは台北や高雄などの大都市に多く存在していますので、観光などに行った場合に参加することが大変好都合です。

 

主催者の意図によって曜日に関係なく定期的に開催されていますが、やはり週末が最も人が集まりやすいので金曜日に台湾に行っていきなり参加するのも良いでしょう。

 

金曜日に日本語サロンに行くメリットは、そこで知り合った台湾人の友達に土日一緒に観光へと付き合ってもらえるチャンスがあることです。

中国語ができなくても日本語で気軽に話せる

また、日本語サロンでは日本語を話すために台湾人の方は集まっているので、中国語が全くできなくても構いません

 

むしろ、日本語しか話せないほうが相手も勉強になりますし、サロンに来たことによる満足度も非常に高まっていくはずです。

 

それでも、サロンによっては中国語のレクチャーもしてくれるところもあるので、初めての台湾でも気軽に中国語の学習に触れることができるかもしれません。

 

サロンに参加するのは台湾に住んでいなくてもほとんど参加できますし、観光だけに飽き足らない方はぜひ参加してみましょう。

スポンサーリンク

台湾の書店の日本語図書コーナーもおすすめスポット!

台湾に行きますと非常に多くの書店を見かけますが、特に台北は大規模な書店もかなり多く見つけることができます。

 

その中には外国語学習のコーナーもあり、日本語は英語についで比較的大きなコーナーが用意されていることも多いのです。

 

実のところ、台湾の書店は日本好きの台湾人に出会える意外なおすすめスポットになるでしょう。

日本語学習用のテキストを探す人は見つけやすい

本屋の日本語コーナーで比較的長い時間にて真剣に見ている方は、少なくとも日本語に興味があるのは間違いありません。

 

この場合にその場の雰囲気にもよりますが、思い切って日本語で丁寧に声をかけてみましょう。

 

相手が日本語を真剣に進めているのであれば、最初は戸惑うのでしょうが受け答えはしっかりとしてくれるはずです。

 

また、相手が片言の日本語が分かれば、紙にでも日本語で【初めて台湾に来たので交流したいです】などのストレートな表現でお願いしてみましょう。

 

あくまで交流できるお友達を探すというスタンスであれば、このような場所でも知り合える機会は意外にあります。

日本語で交流できればLINE交換もやりやすい

相手がある程度日本語ができて、一定の会話が成り立つようであればSNSやLINEなどの無料コミュニケーションアプリなどの連絡先を交換することもできます。

 

台湾人は比較的LINEなどでのコミュニケーションは積極的に取ってくれるので、日本人よりも連絡先は交換しやすいと言えます。

 

連絡先を教えるときはきちんと本名と身分証明書を見せて、相手の方を安心させてあげてください。そうすると、真剣に交流相手を探しているということが伝わるのです。

 
taiwan73

SNSに行けば台湾の日本好きはたくさん見つかる

いくら台湾が日本好きの人に出会いやすいからといって、いきなり顔合わせするのは抵抗のある方も少なくないでしょう。

 

この場合はフェイスブックなどであらかじめ交流をしてから、現地で直接会ってみることが最も無難と言えます。

 

ただ、台湾の方でも日本語を多用してメッセージを書いている人は、語学学習のための交流の相手としてはあまり向いていません

 

日本語をメインに交流をされたい時にのみ、日本語の比較的上手なお友達を選ぶようにしてください。

フェイスブックの台湾の日本語交流サイトが良い

フェイスブックなどのSNSには、日本語交流のためのサイトやグループが多く存在しています。

 

そこには台湾人のための日本語交流グループも目立ち、日本語が打てる方もいれば興味があるけれども打てない方もたくさんいるでしょう。

 

そこで気の合いそうな方を見つけてメッセージを日本語や片言英語で送ってみると、意外に返事が返ってくることが多いのです。

 

ここで少しコミュニケーションしてからLINEの連絡先を交換しても良いですし、フェイスブックを更新している方であればなおさらLINE交換がしやすくなります。

台湾でも意外に役立つのは微信(WeChat)

しかし、台湾に行くと身近にいる人と今すぐ友達になってみたいと気持ちになることもあります。

 

この場合はLINEを使うよりも中国版LINEである微信(WeChat)を使うことが意外に役立つでしょう。

 

WeChatは中国アプリながらも多くの台湾人にも使われていて、自分のいる場所からすぐ近くのユーザーを見つけることもできます。

 

日本ではあまり応答してくれませんが台湾では意外に応答してくれることも多く直接会える確率はフェイスブックで知り合うよりも少なくなりますが確率もゼロではありません

スポンサーリンク

まとめ

基本的には現地の日本語サロンで現地の友達を見つけるのが最も健全で、すぐに仲よくなりやすいというメリットがあります。

 

長く交流しあえる台湾のお友達をスムーズに見つけたいのであれば、ネットを使わずに直接交流を最初から始めるのがやはり無駄骨になることも少なくなるでしょう。

スポンサーリンク