taiwan61

台湾ドラマには次々と新しい役者が出てきていますが、現在は5年連続してドラマに出演し続けられる役者はどんどん減っております

 

やはり台湾においても、ある程度の知名度が追い付いてこなければ出演オファーをゲットするのは非常に厳しいのです。

 

そんな中でも、アイドル出身の方はある程度においてドラマでも発展しやすく、その後ドラマに出演する役者としてもアイドルになっていくケースもあるでしょう。

 

今回はそのケースの1人である【郭雪芙】を取り上げていきます。

スポンサーリンク

台湾ドラマ出演前はアイドルグループでデビュー

【郭雪芙】は2008年から業界入りしていますが、2011年から女性アイドルグループ【Dream Girls】としてデビューしました。

 

このグループは、韓国人女性と2人の台湾人女性との国籍混合ユニットだったのです。

 

台湾でも一時期韓流が人気だったことから、中国語の話せる韓国人と交えてのユニット結成だったと言えるでしょう。

 

その後、2015年にこの韓国人女性が結婚したことや各々のソロ活動が増えてきたこともあって解散に至っています。

3人組アイドルグループでは中心人物となる

【郭雪芙】はグループの中では歌もダンスもメインではなかったものの、グループの中で一番ルックス的には恵まれていたこともあって中心人物でした。

 

実際、【Dream Girls】として出したシングルは活動した5年間のうちでたったの2枚だったのです。

 

これは、グループ自体が将来的に永続することを前提としていなかったと推測でき、3人それぞれが知名度を上げるためのプロジェクトユニットとしての戦略を持っていたとされます。

アイドル活動中もソロで活躍することが多かった

それを証明するかのように、アイドルグループの一員として活動中もソロでの活動が非常に多かったものでした。

 

この点については他のメンバーも一緒で、3人とも同じ事務所にいたこともあって事務所からメンバー同士間で競争させられていたと言えるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめアイドルとして注目されるとドラマや映画出演

【Dream Girls】のメンバーであった【郭雪芙】は、他の2人メンバーの1人である【李毓芬】とともに2013年ごろから単独でのドラマ出演が非常に多くなっていきます。

 

彼女の場合は【Dream Girls】におけるアーティストとしての活動によって、ドラマ以外にも映画などの他の活動の仕事も舞い込むようになっていったと言えるでしょう。

近年はドラマでも主役としての出演が目立つ

近年の彼女の活躍を見ますと、2013年ごろからドラマの出演でも主演を務めることが多くなります。

 

また、ここ数年の彼女の傾向として、中国でのドラマ出演を非常に重視していることが確認できるでしょう。

 

特に、2016年に放送される【相愛穿梭千年2】と呼ばれる現代と近代を描いた新しいドラマのヒロインに抜擢されたことで中国における活躍のスタートを順調に切ったのです。

2012年には初めて台湾の映画に出演が実現

彼女は2012年に映画に初めて出演していますが、いきなり主役級の役を掴んでいます。

 

次の年の2013年にも【變身】いう映画でヒロインを演じていることから、ドラマと映画におけるキャリアをバランスよく持っているでしょう。

 

今後は、中国での活躍が増えてくると中国での映画出演の機会が増えていくことは間違いありません。

taiwan62

ファッションやCMモデルとしても活躍している

しかし、彼女はもう1つの顔を持っていて、それはモデルとしての顔になります。

 

彼女は、【FHM】と呼ばれるアメリカの男性向けファッション誌が選ぶ【100人のセクシーな美女】の台湾エリアランキングで1位や2位に輝いているのです。

 

これにより、近年の彼女はファッション関連における勢いは非常に強くCMモデルとしても華々しい活躍が目立っています。

スポンサーリンク

女性からのファッションにおける人気が非常に高い

女性へのファッションや美容における彼女の影響力は実にすさまじく、現在多くの台湾女性が彼女のようになりたいと日常の美容において彼女を参考にされることも少なくないのです。

 

それは、彼女が化粧品や美容品におけるCM出演もかなり多いために他ならず、彼女の持つ肌の白さはまさに若い台湾女性の憧れでもあるでしょう。

意外に日本企業のCMにも数多く出演している

また、彼女のCM出演経歴をチェックすると日系のコンビニ家電メーカーバイクメーカー飲料メーカーなど台湾に進出している日本企業へのCMにも数多く出演しています。

 

これにより、台湾に住んでいる日本人にとっても、名前は知らなくても比較的親しみのある台湾有名人かもしれません。

スポンサーリンク