taiwan31

台湾に観光に来る回数が多くなりますと、どこかマンネリ化してくることも遅かれ早かれあることです。

 

それはどんなにお気に入りに場所であっても同じで、観光一点張りの方になると物足りなさを感じることもあるでしょう。

 

しかし、台湾も日本人から見ればまだまだ面白いところは沢山あり、その中でも最近注目されているのが【古本屋】になるのです。

 

今回は台湾に多く存在する古本屋について、その実態を詳しく掘り下げていくことにします。

スポンサーリンク

台湾のおすすめスポットで意外に人気の古本屋!

日本では古本屋というと非常に埃っぽいイメージがあったのですが、台湾の古本屋の多くはそのような独特の空間を持っているところが多いでしょう。

 

しかし、現地の台湾人にとっては、それまで少し値段の高かったお目当ての本が手に入る非常にお得な場所になります。

 

台湾人は日本人よりも活字が好きな方も多いので、古本屋は日本とは比べものにならないくらい需要があるのです。

一般的な本屋と違ってノスタルジーな雰囲気!

台湾の古本屋さんにいざ入店してみると、どこか日本の古本屋のような雰囲気を持つところもあります。

 

しかし、ただ古臭い感じではなくてノスタルジーを感じられる場所であることも多く、店によってはアンティークなども展示若しくは販売されていることもあるでしょう。

 

台湾で発行された図書だけでなく、外書に関しても多くの古本屋で扱われていますので大変便利です。

 

また、日本と同じように古本屋のチェーンもありますが、普通の書店と見分けがつかないようなキレイなお店もあります

戦前に発行された貴重な図書も当たり前に販売

実のところ、戦前に発行された非常に貴重な古書も販売されていて、ものによってはかなり掘り出しものもあるでしょう。

 

特に美術書などの絵が付いているものは、日本の書店にはないものでも外国から台湾に入ってきたものもあってお宝を発掘できるかもしれません。

 

よって、日本人の古書マニアは意外に台湾の古本屋に集中的に行ってものを探すことも多く、レアな図書を見つけるためにわざわざ台湾にやってくるケースもあるようです。

 

それでも、貴重なのは日本統治下に発行された日本語の本などもあって、値段もピンキリのようですが目利きで購入するのも非常に楽しいと言えます。

スポンサーリンク

日本人に古本屋が注目されている理由とは?

さて、なぜか日本人に注目され始めている日本の古本屋ですが、上述のような理由の他に実はちょっとした大きな理由があります。

 

日本では大手の書籍系リサイクルショップで新古書も売られていますが、実は台湾でも日本のこのような書籍を見つけることができるのです。

日本の古い図書が日本で買う夜も安く販売!

つまり、台湾の古本屋では日本の雑誌や漫画も古いものが売られていることもあり、その量はまだまだ多くはないのですが日本よりもかなり安い価格で購入することができます

 

その中には、日本では見なくなったけど、台湾ではまだ出回っているといった類のものが売られているのです。

 

実はこのような本は台湾人の若い方たちにも人気で、古本屋に若い方を見かけるのはそのような日本の雑誌などが安く購入できるからにあります。

 

また、日本人も日本では買えなかったけど、台湾で見つけたというパターンもあって日本人にとっても楽しめる理由がここにあるでしょう。

観光客によっては古書の買い付けに来ることも

さらに、日本では一時期のブームなどはなくなったものの、本などを安く手に入れて高く売る【せどり】目的で台湾に訪れる方もいます。

 

このような方は非常にレアな古書を特に買い付けに来ることが多く、眼力のある方は大量に購入して日本に持ち帰ることも珍しくないでしょう。

 

台湾の多くの古本屋では現金決済ばかりでクレジットカードは使えませんが、値引きしてくれることも多いのでそれを含めて交渉を楽しむと良いのです。

taiwan32

台湾でリラックスできる古本屋へ秋冬は行こう!

さて、台湾も夏が過ぎれば秋冬、まさに読書の季節と言っても過言ではありませんね。

 

今度の台湾観光は古本屋巡りと洒落込むのもいかがでしょうか?

 

ここでは、台北市で古本屋の非常に多い2つのエリアをご紹介していきます。

台湾大学のあるMRT公館駅周辺の古本屋

最初に紹介するのは、台湾大学近くのエリアです。

 

MRTで言えば公館駅近くになりますが、ここではやはり最初に行ってみるのが【茉莉二手書店】の公館店になります。

 

【茉莉二手書店】は台北市の複数の場所にお店を出していますが、なんといっても台湾大学の近くということで流通量も多いのです。

 

また、学生向けの学術書だけでなく、漫画や雑誌なども置かれてあるので良い本に巡り合える機会は非常に多いでしょう。

 

上の地図は若干小さめですが、MRTを下りた時に歩いていける古本屋のマップです。やはり、公館駅の近くには多くお店が集中しているのも分かりますね。

台湾師範大学のあるMRT台電大楼駅周辺の古本屋

次に古本屋の多いところと言えば、台湾師範大学のあるMRT台電大楼駅周辺になるでしょう。

 

公館駅周辺と比べると店の配置もまばらですが、MRT台電大楼駅前のすぐ近くにある【書寶二手書店】はこのエリアの学生さんにもよく利用されているのです。

 

師範大学で比較的大きな書店を探すならば泰順街の方へ歩いていかなければなりませんので、公館駅周辺で古本を見終わって師範大学の方に歩いていく順番に古本屋巡りが上手くできるようになります。

 

台湾で古本屋巡りをするときはキャリーケースよりも、リュクサックのような背中に掛けるタイプの方が疲れませんよ。

スポンサーリンク