taiwan20

台湾では日本好きな方が沢山存在し、訪日観光客も台湾は国別の観光客数も第三位です。

 

すべての国の中で訪日観光客数の18%以上を占めている台湾は、台湾人口比から見るとおそらく他の国よりもはるかに多くの国内人口を日本に送り出しています

 

実は台湾人の日本好きは台湾の有名人にもかなり存在していまして、過去にも日本で活躍した台湾有名人は複数人存在しているのです。

 

しかし、相対的に見ると彼らが日本で成功したケースは数えるほどしかありませんが、今回はこれをポイントにお話を進めていきましょう。

スポンサーリンク

・台湾で日本好きの有名人は日本進出する意欲は高い?

基本的に台湾の有名人の方は日本好きの有名人は日本にアメリカ好きの有名人はアメリカに海外に活躍の場を求める向上心のある方は少なくありません。

 

全体的に物怖じしない方が多い台湾有名人ですので、日本好きの有名人も日本進出に関しては非常に高い意欲を持っています。

 

ただ、このような日本を目指す有名人にも一定の傾向があるのは否めないでしょう。

日本語自体を日常的に話せる有名人は非常に多い

台湾は日本語を学習する環境がかなり整っていることもあって、有名人でも一定のレベルを話せる方も多いのです。

 

日本で活躍するには日本語ができないと無理という認識を持つ方が大半ですので、日本に進出する場合においてもある程度の会話能力を持つ有名人に集中する傾向にあります。

 

ただ、台湾では一般的に女性有名人の方が男性有名人よりも日本語が話せることが多いので、自ずと女性有名人の方が日本進出の機会が高いと言えるでしょう

台湾の日本好きの女性有名人は日本に進出しやすい

でも、台湾で同じ日本好きでも女性有名人が進出しやすいのは、やはり日本側で女性有名人のニーズが高いこともあるでしょう。

 

女性は相対的に男性よりもタレント性が高く、日本で活躍する外国人有名人の大半は女性であることを見てもそれはうなずけます。

 

また、日本では女性アイドルが市民権を得ているので、比較的年齢の低い日本好きの女性有名人は流ちょうな日本語ができなくても進出する切っ掛けは掴みやすいのです。

taiwan21

日本進出後に圧倒的に成功が達成しにくい大きな理由

さて、現状を見ますと台湾から日本好きの有名人が進出するケースがあるものの、多くの方が満足した成功を得られていないのも大きな事実です。

 

進出した当時は日本で結構華々しく取り上げられることも多いですが、いつの間にかトーンダウンして露出が少なくなっていることも多いでしょう。

 

台湾に戻ってもこのような有名人は継続して活動を行っているものの、日本で活動を続けない理由は意外に明かされません

 

それでも、日本で成功しにくい大きな理由としてどのような事情があるのでしょうか?

日本の業界の独特の習慣に適応できない!

非常に大きな理由として、日本の業界の様々な習慣に適応できないということがあるでしょう。

 

日本の有名人やタレントの業界では人間関係も非常に複雑ですし、仕事を確保するための色々なしきたりも存在します。

 

おそらく台湾で活躍していた時とは全く異質な習慣もあることですし、ほとんどの有名人が適応できずに帰国することを強いられるのが現実なのです。

 

台湾の歌手やモデルなどが日本の有名なプロダクションに一時的に在籍しても、なかなか成功に至らないのはこの習慣の問題が大変根深いからなのでしょう。

日本の業界内における中国語ニーズの少なさ

また、日本は業界内における中国語ニーズが非常に少ないことも挙げられます。

 

中国語に限らず、英語に関しても外国人有名人が日本にて英語だけで活躍することは非常に難しいことです。

 

日本に進出する前にもすでに人材が存在していることもあって、中国語に関する競合はかなり高いと言えるでしょう。

 

中国からも日本で活躍する意思を持つ人材がいますので、ここにも台湾の有名人がスムーズに成功しにくい背景があります。

スポンサーリンク

台湾人として日本好きでも仕事で悪影響するケース

ところで、台湾人として日本が好きであることを公言していると、有名人としての活動に悪影響するケースが最近出ているのも事実です。

 

台湾は中国大陸との経済的な繋がりがかなり深くなったこともあって、台湾の有名人の発言についても中国から厳しく注目されるようになりました。

 

実はこのことが、台湾人の日本好きに対して弊害を生むようになっています。

中国大陸での仕事の確保が困難になるリスク

現在台湾有名人のかなり多くが、中国における有名人としての活動を展開しています。

 

これは台湾での仕事量の減少が原因でもありますが、中国語を使って仕事ができる非常に大きな機会だからです。

 

有名人によっては、台湾よりも中国での仕事の比率の方が大きいケースもあるくらいでしょう。

 

しかし、この有名人が非常に日本好きであった場合に、日本びいきの発言などをすると中国メディアから仕事を凍結される大きなリスクがあります。

 

そのような事情もあって、現在台湾の日本好きの有名人はジレンマを抱えることも多くなっています。

台湾の業界におけるポジション再獲得の難しさ

また、台湾から日本に活躍の場を移した場合、仮に日本で一定の成功を収めてもそれが長期間続くことは非常に稀です。

 

そのため、多くの有名人は台湾に戻ることになりますが、問題は日本から戻って台湾で有名人としてのポジションを再獲得できるかは非常に不透明だと言えるでしょう。

 

この点も海外を目指す台湾有名人にとって非常に頭を悩ませる部分で、日本への進出を今一歩踏み出せない大きな理由となっています。

スポンサーリンク