taiwan19

東日本大震災の際に多額の義援金を送ってくれた台湾。

 

それまで、多くの日本人が台湾と中国の違いを認識することがほとんどなかった中で、台湾がいかに親日であるかを日本人が知ることができた大きな切っ掛けがこの震災でした。

 

でも、実際の生活の中で台湾人と中国人の違いって言われると難しいものですが、実はその違いはいろんなところに隠れています。

 

ここでは、台湾と中国の違いをそれぞれの女性の違いによってチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

台湾と中国の違いは女性を見ればよく分かる!

日本で歩いている台湾人と中国人の女性の違いはほとんど見分けがつきませんが、日本人が台湾そして中国に行った場合はその違いを容易に見分けることができます。

 

各々の国で暮らした経験のある日本人になりますと思い当たる節が少なからずあるはずです。

 

ここでは、彼らの日常生活における習慣に注目して、その違いを確実に把握していくことにしましょう。

中国の女性には公共の場所で端を吐く方もいる?

まず、中国の女性は普通に道路を歩いていても痰を吐く方が非常に多いということです。

 

これは特に地方部の人間によく見られ、空気の非常に悪い中国では男女ともに限らず日常的に見られる生理行動になります。

 

台湾の女性は街中で痰を吐くことはまずありえず、台湾の街角で特に若い女性が痰を吐く光景はまず見られないでしょう。

 

これは、中国では街のゴミ捨て場に痰壺がまだ残っているところもあり、その場で痰を切ることが衛生的に良くないことだと分かっていても染みついた習慣を変えられない現実があるからです。

公共交通などでの席の譲り合いは非常に明白!

また、最近は以前よりも随分改善されましたが、地下鉄などの席に関しては中国では始発駅でも壮絶な取り合いが発生します。

 

台湾のMRTでは基本的に日本と同じように行列線に沿って並んでいなければなりませんが、中国では人口の多さもあって秩序を守る決まりはあっても順守されないことが非常に多いのです。

 

最近は中国人も台湾に行く機会が増えましたので、台北のMRTなどで席を強引に取る様子も見られるようになりました。

 

台湾の女性はこのような席の取り合いに関する習慣がないので、この点でも容易に台湾と中国の女性の違いを見抜けるでしょう。

台湾女性と中国女性の性格はどう違う?

さて、ここからは台湾と中国の一般的な性格の違いを見ていきます。

 

両国の女性はかなりの部分にて似通っている部分もありますが、価値観における違いが微妙なところで存在していることも否めません。

 

ここでは、特に代表的な違いをチェックしていくことを通じて、現在の台湾や中国がそれぞれ持っている価値観も認識していきましょう。

お金に関しては中国女性が非常に厳しい!

お金に関して、台湾女性や中国女性も基本的にシビアですが、中国女性は特に徹底しています。

 

特に男性と会うときは、必ず男性に払ってもらわないと気が済まないのが中国女性です。

 

同じ華人として台湾女性にもそのような傾向がないとは言えないものの、まだまだ関係が発展していない場合に台湾女性は割り勘にすることも少なくありません。

 

つまり、まだまだ中国女性の多くは割り勘という文化を認識していないことが挙げられます。

 

もちろん、最近は経済力のある中国人女性も増えましたし、割り勘に関して理解を示す女性も出てきてはいるでしょう。

 

しかし、現状では国家福利が充実していないこともあって、お金に関する執着はまだまだ中国女性の方が大きいのです。

【頼りがいのある男性】に対する意義の違い

また、いわゆる【頼りがいのある男性】についても、台湾人女性と中国人女性にはその認識の違いが顕著です。

 

台湾女性の場合は経済力もありますが、それよりもむしろ自分のために親身になって相談や解決を進めてくれたかという【プロセス】が重要になってきます。

 

中国人女性の場合はどっちかというと、お金が足りないから代わりに出してくれたという現実的な頼りがいを重視する傾向にあるでしょう。

 

また、中国人女性は好きな男性にお金を出すということはほとんどありませんが、台湾人女性はまだそれができる傾向にあるのです。

スポンサーリンク

台湾女性と中国女性の付き合い方の違いを考える!

それでも気になるのは、今後台湾人女性や中国人女性と付き合う場合のその方法です。

 

これまで話してきたように価値観の違いはありますが、付き合う上でも共通して進めておいた方が良い習慣も存在しています。

 

しかし、そんな習慣の中でも考え方の違いがさらに存在していますので、ここではそこに台湾と中国の違いを見出していきましょう。

女性の母親へのプレゼントは両者とも重視する傾向

好きな女性を喜ばせるために、その親にプレゼントを贈るという習慣は台湾でも中国でも等しく喜ばれます。

 

台湾ではどちらかというと母親だけへのプレゼントで済む一方、中国では母親も父親へも等しく贈ることが彼女のメンツを保つ大きな流れです。

 

特に日本人からの場合は、台湾や中国ではなかなか手に入りにくいプレゼントは、相手を重視していることを示すための大きな手段として作用します。

 

中国では台湾よりも日本のものがまだまだ手に入れにくい傾向がありますので、この傾向は特に強いでしょう。

 

しかし、これは親世代の年齢も大きく関係していて、30代40代の親になるとそれほど堅苦しい価値観は持ちません

レディーファーストに対する意識の違いの大きさ!

さらに、両国の女性ともレディーファーストを意識しますが、台湾と中国ではここでも意外に大きな違いがあるのです。

 

台湾の場合は、男性が女性を優先するといういわゆる思いやりを持ったレディーファーストと認識されています

 

しかし、中国ではまず女性にお得なことはさせるべきという女性重視的な側面が先行しているでしょう。

 

結果的に求める方向性は同じなものの、それを自然にやれる台湾それが当たり前だと前面に出す中国とは精神的に違うものが存在していると言えるのです。

 

よって、今後両国の女性と付き合う場合は、この精神的な考えの違いを認識して付き合うと失敗も少なくなります

スポンサーリンク